サイトの複製

戻る

サイトの大幅リニューアル

質問

QHMのデザインテンプレートが更新されたのを期に、現在のサイトをリニューアルしたいと思いますが、FFFTPを使ったデータの移動方法がイマイチ理解できません。

答え

  • お尋ねのFFFTPソフトでは、北研の解説どおりの操作が出来ませんでしたが、ロリッポップFTPでは同じ様な操作ができました。

検証の目的

  • ルートディレクトリ(最上位階層)にある公開Webサイトのリニューアルを、短時間で操作すること。

操作の考え方と手順

  1. フォルダを新しくサーバー上に2つ作る。(newsiteとoldsite)

  2. newsiteフォルダにQHMをインストールする。

  3. newsite上のQHMで新サイトを作成する。

  4. newsiteが完成したら、公開WebサイトのOHMデータをoldsiteにコピーする。(バックアップ)

  5. 公開WebサイトOHMデータを再度選択して削除。newsiteデータをルートディレクトリにコピーして移転する。

  6. 公開Webサイトは、北研のインストールシステムからシステムの修復を行う。

  7. 注意点ですが、同じサイトがWeb上に複数検索されないために、oldsiteサイトはOHMのメニューから設定→サイトの閉鎖。newsiteは削除もしくは、同じく閉鎖しておくと良いでしょう。

ロリッポップFTP操作の詳細

  1. ロリッポップFTPでログインするとルートディレクトリ(最上位階層)のファイル群が表示さる。その画面の上にあるメニューからフォルダの形をしたアイコンをクリックすると、新規のフォルダを作成できる。名前は何でも良いが、ここでは半角英数字でnewsiteと名前を入力して保存。同じ操作で、oldsiteと名前を入力して保存。
    新規フォルダ作成



  2. newsiteの編集が完了したら、ルートディレクトリに存在する公開WebサイトのOHM構成ファイルをバックアップの為oldsiteフォルダ内にコピーする。操作は以下のOHMファイル構成を参考に、左のチェックボックスで選択。

    フォルダでは、
    attach、 backup、 cache、cacheqhm、 counter、diff、fwd3、image、js、lib、plugin、skin、swfu、trackback、wiki


    ファイルでは、
    bk_pukiwiki.ini.php、COPYING.txt、default.ini.php、en.lng.php、index.php、INSTAL.txt、ja.lng.php、keitai.ini.php、lng.ja.txt、pukiwiki.ini.php、pukiwiki.ini.txt、qhm.ini.php、qhm.access.ini.txt、qhm_users.ini.txt、README.en.txt、REDME.txt、robts.txt、rules.ini.php、UPDATING.en.txt、UPDATE.en.txt

    その他追加したファイル等があれば選択する。

    選択が完了したら、その画面下にあるメニューから「コピーする」のボタンをクリックすると、コピー先一覧(最上位階層のファイル群)が出てくる。そこで、oldsiteにチェックを入れ選択すると、その画面上部の「コピー先フォルダ」の所に自動で/oldsite/と指定される。右に表示されている「このフォルダへコピーする」のボタンをクリックするとoldsiteへの移転が始まる。



  3. 次は、ルートディレクトリの公開WebサイトのOHM構成ファイルを再度選択して削除する。(上書き出来ないため)そして、newsiteフォルダ名のところをダブルクリックすると、newsiteデータ一覧の画面が表示される。メニューの「すべて選択 [check]」をクリックして、全てのファイルにチェックが入ったことを確認してから、画面をスクロールして下のメニューにある「コピーする」をクリックすると、コピー先ファイル一覧の画面に移る。

    「ルートディレクトリ」にチェックを入る。次に、「このフォルダへコピーする」をクリックするとデータが移転される。



  4. これまでのカウンター(数値)を継承したい場合は、前述の操作の時に、ルートディレクトリのcounterは削除しないで残しておく。(上書きされないので、データが残る)



  5. 北研のインストールシステムから公開Webサイトにログインして、システムの更新ではなくて「システムの修復」を行えば完了。



ひとくちメモ

  • 分類=物事を分けて整理する
    パソコンのデータも、サーバーにあるデータも理解しやすいように階層構造になっていて、それぞれフォルダとして整理されています。例えば、日本国であれば、国の中に県があり、県の中に市や郡があります。そしてその下に町村があるという風に分類されています。

    分ける為のフォルダ(ディレクトリ)とは、国の段階(階層)であったり、県の段階(階層)であったり、市の段階(階層)であったり、町村の段階(階層)であったりします。故に、ルートディレクトリ(最上位階層)とは国の段階ということになります。

    個別のファイルは人にたとえてみても良いかもしれません。最上位階層にあるファイルは、全体を統括する役目があります。例えば総理大臣とか政府等?


アンケート

  • このページはあなたにとって参考になりましたか?
選択肢 投票
参考になった 2  
もっと詳しく 0  
分かりにくかった 0