無償版QHMの更新とは

戻る

無償版QHMのバージョンアップ(Ver、3から4へ)

はじめに

  • このページは無償版QHMWebサイトに挑戦したいと思う、自分の為に検証しました。
    →Quik Homepage Maker 簡単ホームページ作成ソフトのOpen QHM ver 4.27のUTF-8版で操作しました。

  • アップデートファイルでは、オリジナルデータは上書きされないはずなのですが、操作の順序を間違わないようにしましょう。
    ただし、独自にプラグインファイルを変更している場合は、上書きされますので、再度アップが必要です。また、layout.css はmain.css に統合されましたので、オリジナル編集箇所の再編集が必要になります。

  • バージョンアップ操作が初めての方には、無償版の本サイトを更新するのはかなり困難な作業だと思いました。
    • 安全の為に、現在のサイトをダウンロードして、そのデータを(半角英数字)新規フォルダを作っておいて、そこへコピペします。
    • その新規フォルダをホスト(サーバー側)にアップして、複製のサイトを作ります。そこで、以下の操作を行います。操作内容を充分理解してから、本サイトのバージョンアップを試みましょう。

検証

バックアップ

  • FTPソフトでローカル(パソコン側)にフルでデータをダウンロードしてバックアップ作業をしておく。

サイトを閉鎖

  • FTPソフトで、index.php ファイルの名前を適当に変えておく。( ここでは、index_4.php とします)

データ変換プログラム

  • データ変換プログラムをダウンロードして、そのファイルを plugin フォルダにアップします。
    入手先は→ダウンロードボタンのところです。
    ※ブラウザIEの場合は、[1]. など不要な名前が付いた場合は、ダウンロードしてから名前を修正してください。(正しい名前は→ convertcode.inc.php )

  • ブラウザで、あなたのサイトにアクセスします。
    http://あなたのURL/index_4.php?cmd=convertcode 

  • 変換する画面になりますので、パスワードを入力し、変換を実行してください。 終了したページは文字化け状態になります。(文字コードがUTF-8 に変わったため)

QHMのシステムをアップ

  • パソコンのディスクトップに、新規フォルダを作成して、そこに、QHMの→Ver.4最新版をダウンロードして、解凍しておく。

  • FTPで、アクセスして、ホスト(サーバー側)が attach ・・・・wiki の階層になっていることを確認。デスクトップの新規フォルダも開いて、ホストと同じ構成ににして、そのフォルダの中で、キーボードのCtrl+Aで全てを選択してから、マウスでFTPのホスト側にドロップアウトさせると、アップロードが始まり上書きされます。

  • アップロードが出来ましたら、
    http://あなたのURL/index_4.php
    にアクセスして、文字が正常になっていることを確認してください。

更新操作1

  • ブラウザで、
    http://あなたのURL/index_4.php?cmd=update_entities 
    にアクセスして、更新の操作をします。(パスワードは、makeit に初期化されていました)

  • 次に
    http://あなたのURL/index_4.php?cmd=update_tinycode 
    にアクセスして、更新の操作をします。(パスワードは、makeit に初期化されていました)

  • FTPソフトでアクセスして、index_4.php (ページを閉じる為に変更した)が残っていますので、削除しましょう。

更新操作2

  • ブラウザであなたのサイトにアクセスして、初期設定でQHM認証後、IDとパスワードの変更をする。

  • もし更新1の操作で以前の状態に戻って無い場合は、(繰り返し操作をしましたので、私の場合は、初期の画面になっていました)左編集メニューから差分を選択→差分の内容が表示されますので、それをコピーして、トップページに戻り、編集画面で、初期画面の内容をキーボードのCtrl+Aで選択してDelete キーを押して削除。差分の内容をペーストして、更新します。

  • 次は、メニュー等も同じ要領で、メニューの編集画面で左メニューの差分をクリックして差分の画面で内容をコピーして、上記と同じ様に操作してください。

注意

  • 差分の操作法をよく理解しておくことが必要です。

  • サイト設定情報は、元に戻らないようです。念のために、バックアップ前にテキストエディタへコピペしておいたほうが良さそうです。

  • 上記の操作に不安があり、最新の無償版QHMをご利用になりたい方は、テキスト内容を、ページ毎にテキストエディタにコピペして、画像ファイル等は整理しておけば、最新のQHMを上書きして、データは後でアップする方法も考えられます。

  • ご自分が、初心者だと思われるのでしたら有償版QHMをお薦めします。プラグイン及び、マニュアルの充実を考えますとはるかに効率的です。しかし、選ぶのはあなたです。

  • 以上の検証は、画像等も入れながらもう少し続けます。

アンケート

  • このページはあなたにとって参考になりましたか?
選択肢 投票
参考になった 14  
もっと詳しく 2  
分かりにくかった 1  


コメントはこちらへ


認証コード(3908)