隠し認証ページ

認証ページの応用

質問

簡易パスワード認証ページを、隠しページとして作れないでしょうか?

回答

隠しページに簡易認証を設置する方法は、北研のマニュアルに無い操作ですので自己責任で行ってください。

  1. 今までの隠しページを先に作る順序ではなくて、どこかのページで、以下のように隠しページのリンクを作ります。
    [[:簡易認証ページ]]

  2. ページを更新して、「ページ名?」をクリックして新規の隠しページへ移動。#secret(パスワード)を作成する。更新したらQHMをログアウトする。

  3. 隠しページへのリンクをクリックしますと、 ブラウザのアドレスバーのURLが
    http://ドメイン/index.php?%3A簡易認証ページ
    となり、ページは真っ白な状態です。

  4. その状態で、ブラウザの更新をしますと、ブラウザのアドレスバーのURLが
    http://ドメイン.index.php?plugin=secret&page=%3A簡易認証ページ
    に変り、隠しページが正しく表示されます。アドレスバーのURLをコピーすると


    http://omazinai.isonoyado.com/index.php?plugin=secret&page=%3A%E7%B0%A1%E6%98%93%E8%AA%8D%E8%A8%BC%E3%83%9A%E3%83%BC%E3%82%B8


    となり、上記が隠しページのアドレスとなります。

  5. その後、最初に作ったリンクのおまじないを削除して完了。

更に検証

  1. 隠しページの名前を半角英数字で作成すると、アドレスはもっとシンプルになります。
    [[:simple]]
  2. ブラウザのアドレスバーは、以下のようになり、同じく真っ白の状態で、
    http://omazinai.isonoyado.com/index.php?%3Asimple

  3. ブラウザの更新をするとURLは以下のようになります。今回は、アドレスバーに表示されるURLと実際のURLが同じものになります。


    http://omazinai.isonoyado.com/index.php?plugin=secret&page=%3Asimple

まとめとして

  • メールでアクセス先をお知らせする場合は、ページ名を、日本語名より半角英数字で作った方がすっきりしたURLになります。

  • 簡易認証であっても、隠しページの中で使えばセキュリティーは向上しますので、限定会員向けの「お知らせページ」として使えますし、更に期間限定のおまじないを設置しますと、オファーページ(条件を提示した申し込みのページ)としても使えそうです。

アンケート(参考の為にご協力下さい。)

  • このページはあなたにとって参考になりましたか?
選択肢 投票
参考になった 7  
もっと詳しく 1  
分かりにくかった 0