APIキー取得

戻る

Google Maps APIキー の取得

  • 簡単な設定ですが、初めての時は結構分かりづらいものです。ここでは、北研の解説には無い設定手順で説明します。

QHMのインストールシステムから

  • 北研の会員サポートページトップのインストールと設定ボタン

    →インストールシステムにアクセス。

    →QHMプロインストールシステムでサイトのFTP情報を設定してログインボタンをクリック。

    QHMプロ インストールシステム へようこそのページで、プラグイン設定のボタンをクリック。

    →Goole Maps の設定のところで、Key の取得はこちらから のリンクをクリックします。

Google MAPS API に登録

登録画面

→利用規約を読んだうえでこれに同意します(印刷版)にチェックを入れて、使用する Web サイトの URLを書き込んで、APIキーを生成ボタンをクリック


キー取得画面

→Google MAPS API に登録するのページで、Your key is:の下に表示されるキーコードをマウスで選択してコピー

→インストールシステムのプラグイン設定画面に戻って、Google Maps のボタンをクリック

→その画面の欄にAPIキーをペーストして、確認のボタンをクリック→設定のボタンをクリックして完了。

  • 操作のワンポイントとして、ブラウザの設定を、外部リンクは新規タブが起きるようにして使いましょう。見比べながらの同時操作に便利です。

その他

  • 表示されていたものが、急に表示されなくなる場合、グーグルのシステムがおかしくなっていることもあります。そして、新規にAPIキーも取得できなくなっています。
  • QHMの問題であれば、高速化設定のところのキャッシュを削除する必要があります。
  • APIキーを取得するグーグルマップを経験された方であれば、次の段階として、グーグルマイマップの設置も出来ると思います。こちらの方が機能は高いし、QHMのバージョンアップの時に、APIキーを再設定する面倒は省けます。

アンケート

  • このページはあなたにとって参考になりましたか?
選択肢 投票
参考になった 0  
もっと詳しく 1  
分かりにくかった 0